VIO脱毛でTバックも決まる!

レジーナクリニック

Iラインが剛毛(>_<)Tバックを履くのにVIO脱毛は必要?

Tバック

Tバックやタンガを履きたいけど、アンダーヘアが毛深くてTバックからはみ出る(>_<)

 

身に覚えのある方も多いでしょう。

 

毛深くなくても、小さい面積の下着ではアンダーヘアはどうしてもはみ出てしまいます。

 

 

ちなみに、男性の好みはどうかというと、Tバックの後ろ姿が好きという男性はダンゼン多いです。もちろん十人十色、好みもありますから、意中の彼氏もそうだとは限りません。

 

 

逆に、アンダーヘアがはみ出ているのが好き、という男性も中にはいます。これも、もちろん好みの問題。

 

Tバックやタンガっておしゃれなデザインが多いので、女性なら一度は身に着けてみたいと思うもの。

 

Tバックからアンダーヘアがはみ出ていたらせっかくのおしゃれな下着も台無しです。

Tバックを身に着けると女子力が格段アップ!!

ボトムにしても、Tバックは下着のラインが響かないので、フィット感のあるパンツも決まります。
ファッションの幅が広がります。

 

Tバックのようなおしゃれな下着を身に着けるというのは、メリットも多いです。

 

 

どうしてもヒップラインを意識するようになります。すると、姿勢は良くなるし、ヒップアップの効果を上げる人もいます。

 

 

何より、おしゃれな下着を楽しむことができるようになります。
Tバックを身に着けることで、テンション、さらには女子力が数段アップします。

 

 

 

 

 

 

 

美意識に敏感な女性や、セレブな女性の中には、Tバック以外身に着けないという人が多いのもうなづけるのではないでしょうか。

 

男性の好みは別としても、アンダーがはみ出ない状態でTバックをカッコよく身に着けるには、アンダーヘアの処理は必須!!

VIO脱毛するならアンダーヘアどんな形がおすすめ?

VIO脱毛って、全部毛をなくしてしまうの?
と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

全部処理をしてしまうのも実はおすすめではありますが、Vラインを残して処理をするという方法もあります。

 

アンダーヘアを全て処理しないので抵抗なく人気の処理方法

 

 

Tバック 

 

 

 

具体的な整え方ですが、Vラインは下着や水着からはみ出ない程度に少し小さ目に範囲を小さくします。さらにVラインの量も減らします。

 

 

逆三角形が一番オーソドックスな形。
水着がポッコリ膨らむこともなくなります。

 

 

Oラインはすべてなくしてしまって問題ないでしょう。Iラインをすべてなくすのに抵抗があるなら、幅を狭くする程度に整えます。

 

 

Vラインを小さく残すこのスタイルが人気の形です。

 

 

よほどアンダーヘアの薄い人でない限り、Iラインの処理を全くせずにTバックはキビシイでしょう。

 

はじめ、カミソリなどで自己処理をする人も多いですが、肌のダメージに我慢できず、脱毛サロンに移行するパターンも多いようです。

 

デリケートなVIOの自己処理は要注意!!

Iラインをカミソリで処理するのはほんとに避けたほうが良いです!!

 

剃り跡がジョリジョリしますし、また次の毛がすぐ生えてくるので、処理を繰り返すことになります。

 

 

デリケートな部分をボロボロに傷めてしまいます。
(参考「アンダーヘア間違った自己処理はトラブルのもと!」)

 

 

ホントに悲しいことになりますので、無理な自己処理はやめてくださいね!

 

 

Tバック 

 

 

Tバックって食い込んで痛そうとか、おしりが寒そうといった素朴な疑問もみなさん持つようです。

 

Tバックの着け心地にも個人差があります。

 

最初から食い込みすら全く気にならない人もいますし、そうじゃない人もいます。
まずはサイズを合わせることが大前提。

 

どうしても気になるようでしたら、Tバック専用のライナーなどを使用してみても良いでしょう。

 

Tバックは、慣れると着け心地の良さにやみつきになってTバック以外はけない、という女性も多いですよ。

 

>>VIO脱毛タイプ別おすすめ2017

 

 

VIO脱毛★2016年人気はコチラ(年代別)↓↓

Tバック,アンダーヘア,VIO脱毛,Iライン

ページtopに戻る 

関連ページ

Iライン粘膜まですべすべにできるブラジリアンワックス
Iラインの粘膜部分は、通常、脱毛サロンやクリニックでは処理をしてくれません。粘膜部分までキレイにしたい場合はブラジリアンワックスが適しています。ただ、ワックスは皮膚へのダメージと痛みが伴います。また初めての場合、セルフケアは慣れとコツが必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home リゼクリニック ディオーネ 銀座カラー ミュゼ TBC