デリケートゾーンの臭いケア

レジーナクリニック

女性に多い悩みデリケートゾーンの臭い!!

デリケートゾーンのニオイ

デリケートゾーンが臭う!!
こんなお悩みをお持ちの女性、非常に多いです。

 

夏場蒸れる時期のニオイ、念入りに洗っても洗ってもどうしても臭いが気になる…

 

 

彼氏ができて良い雰囲気になったけれど、臭いが気になって積極的になれない。

 

彼氏とのHのあと、彼氏がどうもよそよそしい、ニオイが原因だったのではないか、と悩む女性もいるようです。

 

生理時には独特の臭いがつきものですし、生理の2週間ほど前くらいからは臭いも強くなるとされています。

 

ある程度のニオイは誰でもあるもの、でも周りに気づかれてないか、他の人よりニオイが酷くないか、真剣に悩んでいる女性もいるのです。

 

デリケートゾーンの臭いを改善するには、デリケートゾーンの清潔を保つこと、やはりこれに尽きます。

 

アンダーヘアの処理をすることで衛生的になるので、臭いの改善につながります。
デリケートゾーンのお手入れの仕方は、こちらでも解説。

 

デリケートゾーンのキツイ臭い、ソープで洗ってもまだ気になる女性も多いようです。

男性も気づいているデリケートゾーンの臭い!?

デリケートゾーン

フロプリーのアンケートによれば、男性も女性のデリケートゾーンの臭いには気が付いているということ。

 

「オトコの本音アンケート」によれば、デリケートゾーンのニオイが気になったことがあるという男性は、実に83.3%

 

ニオイが気になったことを実際女性に伝えたことがあるかどうか?
ない、が91.7%という結果。

 

8割以上の男性が、女性のデリケートゾーンのニオイに気づいているという衝撃の結果。
香りのサプリを飲んでも、よりニオイがきつく感じるという男性もいるのです。

 

ソープで念入りにお手入れをしたり、フレグランスサプリを飲んだり、と女性も色々と対策をしているようですが、根本的な解決には至らない女性もいるということです。

デリケートゾーンの臭いをサプリで解消!!

何度洗っても臭うし、10年以上も悩んでいる。
ズボンにもニオイが…

 

 

こんな状態でも大丈夫!?

 

デリケートゾーンを内側と外側からアプローチ、Wケアでニオイもスッキリできるというデリケートゾーン専用のケア用品。

 

ニオイ対策にイチオシのサプリ&ソープ。

 

 

そもそも、念入りにお手入れしても、デリケートゾーンはどうして臭うのでしょう…?

 

臭いの発生源は2種類あるというのは、ご存知でしょうか。

 

・体内から出るアンモニア臭

 

・体外で発生する雑菌臭

 

 

フロプリーは、2種類のニオイの発生源にアプローチ。
サプリメントとソープの成分がデリケートゾーンを内側&外側から効率的にケアしてくれます。

 

 

デリケートゾーン

93.7%の女性がこれからも使い続けたいという回答。

 

使い切った後でもOKの60日間返金保証つきだから、試してみる価値あり♪

 

98.7%が即効性を実感しています。

 

ソープで洗ったら、デート前にサプリを飲むのもおすすめ。

 

長年のデリケートゾーンのニオイから解放された、という口コミの多いデリケートゾーンのケアセット。

 

 

 

 

体にもお肌にもやさしいサプリ、合成香料、着色料、完全石油系界面活性剤不使用で安全です。

 

 

デリケートゾーンのニオイ対策【フロプリー】

 

 

VIO脱毛★2016年人気はコチラ(年代別)↓↓

デリケートゾーン,臭い,ケア

ページtopに戻る 

関連ページ

意外に知らないデリケートゾーンのお手入れ方法
デリケートゾーンは女性にとって非常に大事なところですが、デリケートゾーンやアンダーヘアのお手入れ方法を知らない女性は意外に多いものです。デリケートゾーンを清潔に保つことで臭いなどの不快感も軽減されます。正しいお手入れを身に着けて、蒸れる時期でも快適に!
アンダーヘアの処理方法〜正しい自己処理のしかた
脱毛サロンや医療機関などでVIO脱毛をする女性が増えましたが、自己処理をしている女性も多いです。また、これからアンダーヘアのお手入れを始めたいという女性もいることでしょう。間違えた処理を続けるとトラブルの原因にもなります。セルフケアのしかたをご紹介します。
必見!!デリケートゾーンの黒ずみを美白ケア!?
デリケートゾーンは黒ずみやすいです。刺激などでできるメラニンが原因。下着などの摩擦や脱毛による刺激を軽減することが大事。話題のデリケートゾーン美白ケアをご紹介します。無理な自己処理をやめて、美白ケアをすることでデリケートゾーンの黒ずみは徐々に改善されるはず。
アンダーヘア間違った自己処理はトラブルのもと!
アンダーヘアの処理は一般的となりました。ですが、アンダーヘアの間違った処理は、埋没毛や黒ずみ、炎症など、さまざまなトラブルのもと。デリケートゾーンは、傷つけると治りにくい部位でもあります。アンダーヘアの自己処理は危険性も知って十分に注意して行いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home リゼクリニック ディオーネ 銀座カラー ミュゼ TBC